【LRボタンを拡張】PS VITAアタッチメントでリモートプレイを快適に!


リモートプレイ編の続きです。

VITAはボタンが足りない

VITAにはLRボタンが1つずつしかないので、どうしてもPS4のDUAL SHOCK(R)4と比べて、L2、R2、L3、R3、タッチパッドがボタンが足りません。

L2、R2、L3、R3、タッチパッドが必要なゲームは、あらかじめ背面タッチパッドや液晶画面のタップをそれぞれのボタンに割り当てて対応するわけです。

これで足りないボタンは補えるのでゲームによってはこれで問題なし。
しかし、アクションゲームだと誤タッチが頻発します(笑)

背面タッチパッドの面積を考えればそりゃそうだ・・・

拡張ボタンアタッチメントで解決しよう

ボタンが足りないなら、物理的に増やしてしまおうというのが拡張ボタンアタッチメント。
VITAは有機ELモデルとIPS液晶モデルがあるので、アタッチメントも2種類存在します。

見分け方はPSボタンが楕円なら有機EL、まん丸なら液晶モデルです。

型番だとPCH-1000番台シリーズが有機EL、PCH-2000番台シリーズがIPS液晶。

そして自分のVIATはPCH-1100なので、アタッチメントの選択肢が全然ありません。

PCH-1000はこれ一択


Amazonでは超高かったり、在庫がないように見えますが、製作会社のサイトからいけるオンラインストア(Yahoo!ショッピング)で普通に買えます。なので転売価格で買わないように注意。
2000シリーズで選べるアタッチメントに比べて高いのが残念。

PCH-2000シリーズ

↑これで決まりでしょう。

まさか福袋で1000シリーズが届くなんて思ってもいなかったので、これを買って待ち構えてましたからね(笑)

というわで使用レポート的には一番上のやつしか触っていないけど、アタッチメントがあるのと無いのでは大違い。
GTA5が300%快適に遊べるようになりましたよ。
グリップも大きくなって持ちやすくなったし。

VITAでGTA5が遊べるっていうことに凄い感動。

個人的にはこの状態で電車内でプレイは恥ずかしくてできないですけどね。

それにしてもSONYはなんでこの状態でVITAを発売したんだろうか?
どう考えてもボタン足りないよね。 謎すぎる。

▼二代目には2000番代を買います!(笑)