【4980円タブレット】使いこなせ!Kindle Fireタブレットまとめ


2017年6月新型モデル発売

fire 7fire HD8のスペックがアップグレードされました。
変更点は
  • マイクロSDカード容量が200GBから最大256GBに
  • また無線LANが5GHzに対応
  • fire 7の液晶のドットが正方形に(いままで違ったんだ・・・)

この環境でfire 7(16GB版)定価8,980円(プライムなら4000円引)はお値打ち感ありますね。
さらにfire 8HD(16GB版)はなんと千円値引きです!

 

どういう人向き?

この記事で扱っているFireタブレットは
Fireタブレットシリーズの第5世代、第6世代です。

Fireタブレットは安いタブレットなのでCPUもメモリもそこそこ。

そこそこだけど、意外と色々とできちゃいます!

Fireタブレットをおすすめするのはこんな人。

  • メインのスマホはある
  • スマホの小さい画面で書籍を読みたくない
  • 活字よりは漫画が好き
  • 動画もたまにはみたい

おすすめアプリ

  • 書籍
    これはKindle一択!
  • 雑誌
    KindleUnlimitedといきたいところですが個人的にはdマガジンですね
    普通にはインストール出来ないので、こちらの記事を参照してください
  • 有料動画サービス
    Amazonビデオ
    hulu
    Netflix
    dTV
    DAZN(ダ・ゾーン)
    結構よりどりみどり、サッカー好きはDAZN入れないとね
  • 子供に動画を見せる時に便利
    チャイルドロック
    これを使えば画面ロックができます!
  • オンラインストレージ
    これはDropboxでしょう!
    この方法で驚くほど簡単にDropboxを使うことができます!
    他にもOneDriveなんかも選べます
  • テキストエディタ
    純正のドキュメントアプリでもいいですが、おすすめはSimplenote
    無料でかつ複数デバイス(PC、iPhone、Android)と簡単に同期できます

 

アクセサリ