【超気になった】Wedge Touch Mouse を使ってみた!


msmouse
とにかく触ってみたかった(笑)

 Microsoft Office for Mac Home and Student 2011
 ファミリーパック with Wedge Touch Mouse
 という長ったらしいパッケージ名なんだけど
 いつものお値段で6000円ほどの
 MS製素敵Bluetoothマウスがおまけでついてくる!
 Windows用のOfficeはすでに持っていたので
 BootCampでもFusionでも使えるんだけど
 いちいちWin起動も面倒なのでおまけにつられて買ってみた。

 とにかくAmazonですごく安かった
(笑)

想像以上に小さかった

 店頭で一度もモックを確認せずに買ったからしょうがないけど
 手の小さい自分でも「ちっさ!」って思うほど小さかった。
 女性が使うのにちょうどいいサイズかもしれない。
 マウスカーソルの精度は木目調の机でもスイスイだしぶれたりもしない。 
 MSマウスはこのあたり昔から精度がいい気がする。 

肝心のタッチについて

 Windows8時代に向けてのマウスなのでフリックに対応している。
 マルチタッチには対応していそうなのに対応していない(笑)
 上下左右のスクロールもマウスを上下左右にこすることで行う。

 これがまた敏感なんですよねー。
 ちょっと擦れるとスクロールしたりして・・・。
 スクロール量は設定で済むけど
 感度までは変えられなかった。
 と思いきやスクロールして欲しいのにしてくれなかったり(笑)

 このあたり何とかならないものか・・・。

結論

 個人的には小さすぎると感じました。
 感度はまあ慣れればなんとかなるものの
 小さすぎるためにスクロール(こすり)がしづらい。
 大昔のiMacで丸いマウスが出た時にも小さすぎて
 持ちやすくするためのアタッチメントが出ていたりしたけど
 そんな感じの持ちづらさ。
 Apple_iMac_USB_mouse←懐かしの丸マウス

 これを手の大きなアメリカ人がつくったとは思えない(笑)
 ただ手の小さい女性にはとっても使いやすい気がしました。

 このマウスは単品だとまだ高いので値段が落ち着いたら
 気になる人は買ってみてもいいかもしれません。
 特に持ち歩き専用としてならかさばらなくていいと思います。