【設定不要】無線LANルーターの簡単入れ替え術!


超簡単無線LAN入れ替え術

無線LANルーターは消耗品です、と教えてもらった時にはビックリしました。

調べると大体4年くらいが目安だそうです。ずーっと使えるものだと思ってました(笑)

寿命を迎えると通信が突然切れたり異常に遅くなったりします。場合によってはルーターのファームウェアのアップデートで改善する場合もありますのでご使用のルーター製造メーカのサポートサイトで確認しましょう。

それでも改善しない場合はいよいよ買い替えです。

Wi-Fiの再設定が超面倒くさい!

新しいルーターにするって事は、iPhone、Android、Kindle、PS4、Switch、3DS、PC3台の設定をぜーんぶやり直すって事!?ヤダー!めんどくさい!!!!

そこで、ひらめきました!

ちょっとした手抜き技を思いついたので、置き換えはあっという間に終わりました。

天才現る!

手抜きの方法は以下の通り

前のルーターと同じSSID、PASSにする!

新しいルーターの管理画面でSSIDとパスワードを以前のものと同じに書き換えましょう!

なんとこれだけで、全ての接続機器がそのままの設定で使えてしまいます!

目からウロコ~!!

今時のルーターは本体にSSIDもパスも書いてありますので簡単。

無線LANルーターならここに書いてあることが多い

▲こんな感じ(参考:ネットワーク名(SSID)と暗号化キーは、どこに記載されていますか?

これに気が付かなかったら日曜日が丸つぶれでしたよ。

SSIDは全部設定しましょう

今回導入したNEC WG1200HSの画面で注意ポイントを説明。

Aterm
2.4GHz、5GHzの2つにそれぞれSSIDがありますので、どちらも前の機種に合わせて設定しましょう。

個人的にはNECのルーターが好き

癖がなくて設定しやすいのでおススメです。