【簡単】パスワード管理をキチンとしよう!


ネット上のサービスがどんどん増えていくのに
パスワードを覚えられる範囲でやり繰りしているのは危ない。

パスワードなんて全部共通で数字の羅列とか、生年月日ですとか、電話番号ですとか、組み合わせてるんで大丈夫です、って人は改めましょう。

パスワードを便利に管理できる環境を作る

  • クラウドでパスワードデータを同期(Dropbox)
  • Windows、Macで同じ管理方法
  • 可能ならiOS、Androidでも同じ管理方法
  • 無料

という訳で今回はKeePassにしてみました。

まずはダウンロード。
本家KeePassでダウンロード、Mac版はKeePassX互換クライアントを選びましょう。

今回はDropboxを使用して同期するのが目的なので
データベースファイルをDropboxフォルダ内に作成します。

KeePass起動

起動後に、メニュー→ファイル→新規データベース
データベースが出来たら、メニュー→ファイル→データベースを保存
保存フォルダはDropboxの中に好きな名前で保存。

これでDropboxの中にデータベースファイルが作られました。

基本はこれで終わり。
後は使っているサービスのIDとパスワードをどんどん登録していきましょう。

試しにGmailのパスワードを変更、KeePassで新規作成してみましょう。
まずは普通にGmailへログインしてアカウント設定からパスワードの変更を選択。

KeePassに移って

エントリー→新規エントリーの追加、で下記の様に記入。
ユーザー名はもちろん自分のもの。
準備が出来たら「生成」を押してみよう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ってなるはず。
これでパスワードが生成されました。
中身が見たい場合は目のアイコンをクリック。
パスワードは大体8文字あればいいので短くしてもOK。

OKを押して完了、忘れずにセーブしましょう。
セーブしないとDropboxにも同期されません。


Gmailのところを右クリックするとパスワードのコピーがあるのでコピー。
コピーしたパスワードをGmailの新しいパスワードのところにペーストしましょう。

Win、Mac両刀の人、PC複数環境の人はDropboxで同期している.kdbxファイルを読みこめばOK。
これでどこにいても最新のパスワード同期環境が完成です。

残るはスマートフォンの設定だ!

iphone(iOS)版
Android版